小児はり 【夜泣き・ぐずり・便秘・かんむし など】

子どもの鍼(小児はり)は生後1ヶ月から12歳に適応する治療です。

鍼治療は、東洋医学で云う「気・氣(き)」や「血(けつ)」を調整し、体調の改善をはかる物と考えられています。 お子様もおとなと同様で、痛いから効く、痛くないから効かない。また、長時間の施術だから効果が高い、というものではありません。 使うはりはソフトで心地よく、身体がリラックスすることで、お子様の体調が安定し、健やかな成長のお手伝いをさせて頂きます。

小児はりは関西地方、主に大阪で 子どもの為のはり治療 として発展してきました。(大阪には針中野をはじめ「鍼・針」の付く地名がある程、親しまれてきた治療法です。) 刺激方法は、「皮膚鍼(接触鍼)」などと言い、小児の皮膚を軽く『こする・さする』ような接触的刺激を行うものです。

~小児はりの代表的なものとして~

  • 鍉鍼(ていしん) : 米粒状の突起のついた鍼で、強弱をつけ押す。
  • ローラー鍼 : ギザギザのあるローラー状の物で、背中をコロコロとなでる。(下図左)
  • 銀杏鍼(いちょうしん) : 銀杏(いちょう)の葉の形で、皮膚をさする。(下図左から2番目)

お子様の症状として

  • ぐっすり眠らない
  • とにかく泣き止まない
  • 頬(ほっぺ)が年中真っ赤
  • お顔が乾燥している
  • 何となく元気がない
  • 不機嫌な時が多い
  • いつも緊張している
  • よく、ぐずる
  • 食欲がない
  • 眉間や額(おでこ)に青筋がある
  • お乳を飲みたがらない、すぐに吐き出す
  • すぐに風邪をひく
  • 風邪をひくとなかなか治らない
  • 年中鼻汁が出る、または鼻が詰まっている
  • アレルギー体質がある
  • 熱が出ると「ひきつけ」を起こす
  • あせも、湿疹がひどくなる
  • 下痢や便秘 など・・・

夜泣き、かんむし以外にも、お悩みの症状に一定の効果を発揮します。

※あまりにもキツイ症状の場合は、病院での検査も大切です

月初めに3日

 昭和30年代から60年代にかけて、小児はりが盛んな地域では「月初めに3日」と言う言葉があり、かんむしには3日間「小児はり」をすると、残りの数十日(1ヶ月)は、子どもが落ち着いて過ごせる。と小児はりを知るお子様をお持ちのご家庭では、実践されてきました。

 「小児の疳(かん)」または「かんむし」と言われる、乳幼児期の神経的な症状(夜驚症・夜泣き・ひきつけ・けいれん など)や「夜尿症」などに、小児はりは特に効果的です。

●生後1~4か月の夜泣き

 【朝起きて、夜に寝る】という睡眠リズムが大人にあるのは、体内時計が正しく働いているからです。しかし、生後1~4か月の赤ちゃんは、まだこの機能が未発達で、昼と夜の区別がつきません。短いサイクルで『寝たり・泣いたり』を繰り返すことから、睡眠は昼夜の区別がなく・必要な時に泣きます。そのため、夜に泣けば『夜泣き』となります。母胎から出てきた後も、まだまだ発育過程だということです。

●生後5~6か月の夜泣き

 夜泣きが特に盛んな頃です。この頃の脳は、めまぐるしく発達しています。赤ちゃんは寝ている間も、起きている時の情報(刺激)を脳の中で再生(繰り返)しながら、処理していきます。大音量のテレビや音楽は、なるべく控えるようにしましょう。また、朝や昼は日光を浴び、夜は部屋を暗くすることで、昼夜の規則正しいリズムを、家の中でも作りだすことが大切です。

●2歳以降の夜泣き

 2歳を過ぎると、日中の出来事が記憶できるようになり、保育所での出来事を突然思い出したり、怖い夢を見たりすることで、不安を感じて夜に泣いてしまうことがあります。また、自我も芽生え始めますので、自分の思い通りにならない事が続けば、ストレスから夜泣きにもつながります。 この様に原因が明らかであれば、ご家庭での対処も可能ですが、あまりにも長引き、お子様が不安定な状態であれば、身体の緊張が強くなっている事が考えられます。小児はりをすることで、緊張した身体をリラックスさせてあげることで、夜泣きの改善にもなります。

寝る子は育つ

 成長過程のお子様にとって、おとな以上に眠ることが大切です。

 夜は、季節で例えると冬にあたり、冬眠の時期。身体を休ませて、充電する(養う)時期になります。夜に眠る事で、昼に活発に動いた氣・血が内臓へ引き戻して、心と体が落ち着き、健全な身体が育まれていきます。

 現代は、幼少期から多くの情報を目や耳・全身で受け止め、ストレスが過剰な世の中です。情報を処理する能力が充分に成長していない子どもにとって、たくさんの情報を消化していく作業は、大人の数十倍もの体力と精神力が必要です。

 夜は、心身を育む時間。にも関わらず、その前に情報の消化で疲れた身体を癒すことになり、心身を育む時間を持てないまま、朝を迎える事になります。 おとなでも感じる『寝ても疲れが取れない・取れていない』状況です。

 当院の小児はりでは、氣・血の循りを良くする事と同時に、身体の内側の疲れを取り除くことで、質の良い睡眠をサポートします。より良い睡眠で、病気を防ぐ力が身に付きます。 お子様だけでなく、育児に疲れ悩んでいる・赤ちゃんや旦那さまにあたってしまう・母乳が出ない・生理が再開しないお母さまも、しっかり睡眠をとり体調を調えましょう。

※夜にしっかりと睡眠がとれていないと、保育園や小学校で、集中力が欠けやすいとも言われています。

その原因として、アトピーでのかゆみ・喘息・テレビを遅くまで見ている・親の習慣 など様々ですが、生活リズムの調整など、ご自宅で改善できること以外は、専門となる当院へ、一度お気軽にご相談ください。

 

就寝時間の目安

  • 7歳まで(未就学生) - 8時
  • 10歳まで(小学校低中学年) - 8時半 (遅くても9時)
  • 12歳まで(小学校高学年) - 9時 (遅くても10時)

体験者の声

WEST症候群 7か月 いろはちゃん

 クリックで拡大