よくいただくご質問

鍼(はり)は使い捨てですか?

はい。

お一人おひとり、毎回新しい鍼を使用しております。

ご安心ください。

鍼(はり)は痛くないんですか?

はい。

痛くないのでご安心ください。

 

鍼が当たっている感覚がないと、よく言われます。

また、鍼先を感じたとしても、ボールペンの先で軽く突かれる程度の感覚です。

治療の前に、気をつけることはありますか?

より良い施術をさせていただくために、以下のことにご注意ください。

  • ボディークリームの直前(1時間ほど)の使用はお控えください

    ※健康美顔はりはお化粧の上からの施術もできます

  • 施術前の飲酒はお控えください(二日酔いの状態も含みます)
  • 食事を直前(30分程)にとらないでください
  • お風呂を直前(30分程)には入らないでください

治療中に、気を付けることはありますか?

うつ伏せがしんどい時は、無理せずにお伝えください。

横向きでの治療をさせていただきます。

 

咳やくしゃみが出ても、はりを刺していないのでご安心いただけます。

治療の後に、気をつけることはありますか?

治療の前後でのカウンセリングで、

あなたに適した生活のアドバイスをさせていただきます。

 

施術直後に気をつけていただきたいこと

  • しっかりと休養をとってください
  • 食事は30分程あけてください
  • お風呂は30分程あけてください

鍼(はり)を刺さないのに、どうして効果があるんですか?

『ささないはり』 とは古くから伝わる 『技』

 

『接触鍼(せっしょくしん)』 と呼ばれている技術です。

接触鍼とは、文字通り皮膚にはりを接触する(ふれる)方法です。

 

人体は繊細にできているため、体のバランスの崩れや、

病気のシグナル、体の不調を体の表面に反映しています。

その反映している部分が、ツボと言われる「経穴」や、

生きるために必要な物の通り道である「経絡」です。

 

この体の表面にある「経穴」や「経絡」適切に整ることで、

体内の調整につながり、本来あなたの持っている、

身体を治す力を最大限に引き出し、お悩みを解決に導きます。

 

体内を調整できる「治療ポイント」が、皮膚表面にあるので、

接触鍼と言われる技で、
  効果を生み出すことができるのです!
 

もっと砕いてお伝えすると・・・

 

おばぁちゃんに米粒をテープで貼ってもらった経験はありませんか?

 

米粒を貼っただけなのに、なぜか痛みが和らいだ経験はありませんか?

 

その米粒の刺激を、

もっと繊細に、もっと精妙にしたものが接触鍼です。