「ささないはり」に込めた「しあわせ」への願い

ことだま(言霊)というものをご存知でしょうか?

言葉にはある種、不思議な力が宿っております。

信仰心の無い方でも、名付けに際しては、とても慎重に選ばれますよね。

宮崎アニメ(ジブリ作品)では、「千と千尋の神隠し」でも、名前の大切さが伝わってきます。

 

そして、当院の「ささないはり」にも

たくさんの願いを込め、選びに選び抜にた名前なんです。

 

その願いは、一文字一文字に託されています。

・・・「幸」「颯爽」を意味し、「人に幸せを与える・動きが速い」
・・・「幸」「颯爽」を意味し、「人に幸せを与える・動きが速い」
・・・「成」「七(完成を表す数字)を意味し、「目標を達成し、物事を完成させる」
・・・「命」「息」を意味し「生きがい・やりがいを与え、相手の幸せを祈る」
・・・「春」「晴」「羽ばたく」を意味し、「人に希望を与え、広がっていく」
・・・人にやる気を吹き込む「い(息・命)」の力を加速させ、

     前進する力に後押しすることで、「変革・改善する力を相手に与える」

 

鍼 灸

 

・・・心と体を洗い流す「水」を意味し、「人を輝かせ、育てる」
・・・「八(継続を表す数字)を意味し、「成し遂げたものを継続する」
・・・「日」「太陽」を意味し、「知識や心を拡大させ、やる気を喚起する

 

受けて頂ける患者さまの命が幸せであれるとともに、

患者さま自身が、周りの方々に輝きを伝え、

幸せの「わ(輪・和)」を広げていってもらいたい

 

そして、「刺さずに優雅なはり」で、針の痛みというストレスを取り去り、

心地よいタッチで施術をしてまいります。